越生

こんにちま

昨日はカブで越生までいきました

本当は昨日のうちに書きたかった

まず昨日は台風一過だったので絶対良い天気だろうと思って起きたら案の定だった
空が青くて、夏っぽい雲がたくさんあって、陽向は暑いんだけど蒸し暑くなくて、出掛ける日だった

最近やりたいことのうちに何処かへ行って読書をするっていうことがあったからそれをやろう、で、どこでやろうと考えたら渓流の木陰で水に足をつけながらしたいなと思ったので渓流を探した
近場だと前に駒村と越生の話をしたなあと思って調べたら滝があるそうなのでとりあえずそこを目的地として出発した

行きは少し迷いながらもときがわとか越生の方まで行った、途中川を渡る橋から見えるだんだん近くなっていく山々はやっぱり好きだった

田園風景には何種類かあって、出かけたときに見かけるのは、ただただ広い田んぼと何本かの鉄塔がある風景
これはふつうにすき、でもけっこう目にする

この日久しぶりに見たのは周りが山に囲まれてて、その中に家や田んぼのある、いわゆる田舎の風景
こういう風景をみたのは久しぶりだったし、ひとりでこういうところに来るのは初めてだったかもしれない

途中それが感じられる良い道があって、のんびりと走ってたらお巡りさんが(たぶん)速度違反をチェックしてた
そういうことだね

途中ふみきりがあった、最近は電車もすきで、こないだ、どこかへ行ったらそこの電車を撮るようにしたいなと思った
だから撮ろうと思い時刻表をみたらあと四分くらいで通過(しかも上下一本ずつ)だったので構えた
電車をとるにはどういう構図がいいのかよくわからなかったけど、来た電車がまさかのワンマンだったからすごくよかった

このあとに通過する電車はあと一時間後だった

電車を待ってるうちに雨が降ってきた

帰ろうか迷ったけど、まだなにもしてないし、木の下なら濡れないだろうと思って先へ進んだ

このあとちょっと道を間違えたんだけど途中に陶芸、ログハウス、木工家具、なんて看板があって良かった

山の中にあった駐車場にとめて少し山に入ったらナナフシ(初めて見た)、スジクワガタのメス(たぶん)、をみた
鳥も鳴いてた、夏はヒヨドリハクセキレイを町であまりみかけないなあと思ってたらこういうところにいるんだね

この辺のみちでは走っているときに陽向から木陰に入るとすごいクーラー

この辺の町は苔むした感じとか、空気の感じがすごく軽井沢だった

リゾート地?って感じがした

そのあと目的の黒山三滝に行った

ここは次元と感じたものが違いすぎてあまり文字にできないんだけど、確実にマイナスイオンてのは効果があった

身体全体にきれいな何かが入ってくるようなかんじ、鳥肌が立った、「涼しい」っていう言葉とは違うような気がした

いつもおれが気持ちいいと感じるとき、例えば海に行ったり、自転車で風を浴びたりしてるとき、そういう時は確かに気持ちいいと感じるんだけど、それは心の気持ちよさが占める割合の方が多い

けど、このマイナスイオンに関してはそれプラス実際に身体に感じる、みたいなところがすごい

2、3年前かな、テレビで降雨後の森林浴は良いですよってやってたからいつかやってみたいと思ってた、今回は偶然雨が降って最高のコンディションだった

雨の日はすごいよ

黒山三滝ってのは、下流から天狗滝、女滝、男滝という三つの滝からなるんだけど、天狗滝の側まで行ったときに上に道があって、ぐんぐん登っていったんだけど途中でやめた

あとで調べたら先には特になにもないらしい

ずっと熊に怯えてた

トレッキングシューズほしい、オールスターと半ズボンじゃ心もとない

そのあと本命の二滝に行った

男滝の方は滝がつくる水しぶきと風がとんでもなかった

一生居れた

ここでBLUEを聞いたら合ってるだろうなと思ったので聞いたら合ってた

そのまま見上げたら枝や葉っぱの間からさっきまでの曇り空が青くなってた

武甲温泉のときと同じようなものを感じた
全部がちっぽけ

だから正直このときよりも前の記憶があんまりない

この後はベンチで少し読書して、カブまで戻った

帰りは夕日がオレンジ色にする入道雲を見ながら帰った
この辺は飛行機が低く飛んでて、夕方のそれも良かった

平日は人が全然居なかったし、遠くないからまた行くと思う
今度は誰か誘って行きたい、同じものを感じてもらいたい

マイナスイオンはすげえ


f:id:a1bum:20170706132333j:plain

自我

自我なのか我なのか自己主張なのかこだわりわからないけど、おれはそれが強い

たぶんそれは小さい頃からずっと強くて、やりたいことをやったり、相手の気持ちを考えなかったり、後先を考えず行動したり、周りを見ずに行動したり、これらは良い方向へも悪い方向へも導いてた

これが強いっていうことは良い悪いではなくて、性格のひとつ、もしくはおれの軸になってるんだと思う

ただ我が強いって聞くと周りが見えないのかって思われるかもしれないけど、おれは今までの人生で我が強いことが原因で色々失敗してきたから、その分周りのことを考えるっていうことに関してはかなり成長して身に付いてると思う

ここに関しては自信がある

自分を持ってるんだけど、周りとの協調性も常に持ってるよ
と思ってる、だってそうありたいもん

失敗の具体例を挙げるなら、学生時代は友達の気持ちを考えてなかったから、ふざけあってるつもりだったのが本当はいじめてたことや、自分がやりたくないことをやらなきゃいけなくなった状況でも、やっぱりやりたくないからほったらかして人に迷惑をかけたりした

上に挙げたようなことを既に反省しているから、我が強いのをどこで出してどこで出さないべきかというのを学べたと思う、ただ、現状に満足せず常に自分の行動を見返して、合ってたのか合ってないのか、こうすべきだったか、などは考えてる

自分に誇りと自信を持っていたい、けど生きる上で人に迷惑をかけるのはいけないことだ、と思っているので、今こういう生き方、行動指針をもっているし、それが正しいと思えてる



今日ノートにこの辺のことを書き出したらうまくまとめられたからここにも残しとく

やっぱ書くと整理されていいね

こういうのを短い文で格言的にまとめれるようになりたい
ただ、短いと全部まとめられてるのかって不安になって長くしちゃうんだけども

1~3

こんにちま

今日のお昼にNHKでやってた、湘南の海を見つめる人達を取材する番組、とてもよかった

一人でぼーっとしにきてるひとたちの気持ちがよく分かる

おれもそういうことをしたい方なんだけど、そういう人って他にも結構いるんだね

最初に見た人が、いまの状態のおれがこのまま何かしらの会社勤めしたらこの人と同じになるなっていう人だった

たぶんだけど、喋り方とか言葉の選び方からおれと同じような悩みで悩んでるんだろうなって思った、勝手だけど、なんかそんな気がした

そうであってほしかったのかもしれない

あと変な人が多かった、でも理解できない部分の方が多いだけで、やっぱそうだよねっていう部分も持ってる人だった

あそこに行く人はみんなにてるのかな

漠然と思ったんだけど、湘南の海って海としては汚いけど、そこにいくと決して汚いとは感じず、きれいな気持ちになる、ストレスとかが消えて

だからそこに通うようになって、湘南の海が汚いなって感じるようになっちゃったら他のところに移り住むタイミングなのかなとおもった

湘南の海でアルペジオを弾けるようになったら弾いたり、ダンスしたり、やりたいことがたくさんある

そのうち一人でいこ



最近、例えばバイトの時とか、一応一年は勤めてるから責任感っていうのを実感し出した

人に対して何かをするときに、おれの言ったことには責任がのっかるから、簡単に言葉を選べない



2日(日)
今日は初めて「カブ通勤」をした
朝から乗れるのは良いんだけどそこだけで、気持ちに余裕がない(初めてで時間がわからない)から急いじゃって、すごく早く着いちゃった

夜にいきなりステーキに行った

思ってたより悪くないしおいしかったけど、茨城での宮を越えるものはこの先もないんだろうな

最近シフトが理不尽すぎてストレスがたまる

ごめんねやありがとうで済むのはその時だけじゃない?常習化させた時点で罪だよ

またわけのわからない飲み会が予定されててさんかせざるを得ない

はやくやめたいけど、今やめてもアレだから長期休みをとってどこかいくしかないな

今日

こんにちま

今日思ったことなんですが、日本人に限るのかどうかはわからないんだけど、ちょっと罪的だけどその時それをしたら絶対にいい気分になるものって本当にしたら後味がわるい(もしくは後悔が残る)んだと思う

※これは映画みて思ったことなのでそんなにたいした内容ではないです

今日藁の盾という映画をみてて、(内容は割愛)「成功」としての終わり方は藤原竜也を守りきることで、「失敗」としての終わり方は誰かが藤原竜也を殺すことだというのは多分そうだと思う

で、見てる側としてはムカムカしてくると誰か殺しちゃえよって思うんだけど、もし殺したとしたらその時はおお!気持ちいいな ってなると思う

けど実際にそれやってしまうとその時は気持ちよくてもそれは「失敗」の形だから後から後悔が生まれるので、結局は「成功」の形にするのが映画として無難なのかなとおもった

これはたぶん真面目な映画だからこういう葛藤があるのであって、コメディだと殺しても問題ないんだろうな

😃

それに似てるのがオークションの評価ね

気分害されて悪い評価付けようとするけど付けたところで何も生まれないしこっちにも悪い評価つけられるかもしれない

こういう怒りを抑えるのって難しい、おれは大分押さえられる方なんだけど、オークションはムカムカした

抑えたよ



映画に出てくる人に限らず最近人の意見を大抵理解できる
理解できるようになろうとした訳じゃないんだけど、なぜか自然と理解できる

その人が言ってることに大体同意できる

それが正しいかどうかは本当にケースバイケースアンドヒトソレゾレだから理解できるのかもしれない

すべてのことはケースバイケースだよね

ただ理解した上で自分もそうしようっていうふうになる事柄はほぼないから、自分をコロコロ変えてるわけではないのはそこは自分を持ててるって意味で成長できてると思う

いち人の意見として理解できるという感じかな

あと最近、 絶対 とか 全部 とかを抽象的なときには使わないようにしてる

使っちゃうときもあるけど、 ああ使っちゃった ってすぐに気付けるから意識できてる思う



演技がうまい と 日本人としての演技がうまい は全然違うような気がする

おじさんとしての演技はうまいが、演技としては下手
みたいな

まどうでもいいやこれは



また本を読み始めました、本当に読み始めた段階だからこれから続けていこうとは思ってます

f:id:a1bum:20170630233113j:plain

この文読んだとき、ビビッと感じるものがあってそれは 自分に一番言いたいこと だからなんだよ

この文は本当にそうだと思う、それは自分ができたくてもできてないから

今まではこういうのはよくあって(人間みんなよくあることだと思う)、こういうのを見つけると、あぁ、直さなくちゃな、で終わってたけど最近ここでひとつ思うようになったのは、こういうビビッと来るものがそのあとも何度かあって、それが似たようなものだった場合はほとんど改善できてない証拠だよね、

感じて そうだよなあ~ で終わらせずにどうにかしないとな、本当
この文をメモとして写真に残したところでなにも変わらないんだよ

またこのまま放置しそうだけど

本当、性格というか傾向は変えるのムズい

簡単なんだけど、ムズい

他の人にとっては当たり前にできることがムズい

それともなかなか治せないのはおれだけ?

なんでも後回しにしがちだから治せないの?



最近自分の長所短所が突き詰めるとひとつのことに繋がってるってわかった

長所短所はひとつずつではないよ、何かの事象でこんなときおれはどうだ っていうことがあってそれの元をたどるとだいたいそれぞれ二つか三つくらい

おれは何にでも一貫性を見いだしたい性格かもしれない、何でも繋げたがるから

色々書いたけどほとんど頭のなかで考えたことだからなんかほとんど合ってない気がしてきた…

まあいいや、このときはこう感じていましたっていうのが日記だろうから

思ったら文字や言葉にしないと気が済まない



f:id:a1bum:20170630234413p:plain

文章力が低いと自負してるから、少しでも上げようと何かのブログで知った本、これともう一冊を読もうとして、まずはこいつを図書館で借りたんだけど、2ページ読むたびに眠りに落ちちゃうからもう返すね

読んでる場所が電車っていうのも原因かもしれないけど、文章力上げるための文章がムズすぎてだめ

ビジネス書って急に文がつまらなくなるのなんなの

大事なことしか詰め込まなすぎ

負け犬の遠吠え

劇団ひとりの本本当に良かった

劇団ひとりがビジネス書書いてほしい

本本 書書

文字、打ちづらいなあ

写真

今日はすきな写真がたくさんとれたので載せよう

カノコガ
f:id:a1bum:20170623201315j:plain

f:id:a1bum:20170623201412j:plain

f:id:a1bum:20170623201444j:plain

f:id:a1bum:20170623201600j:plain

f:id:a1bum:20170623201629j:plain

f:id:a1bum:20170623201659j:plain

f:id:a1bum:20170623201732j:plain

f:id:a1bum:20170623201759j:plain

f:id:a1bum:20170623202539j:plain

f:id:a1bum:20170623202608j:plain

f:id:a1bum:20170623202647j:plain

f:id:a1bum:20170623202807j:plain

大宮公園など

カミキリ虫

こんにちま

今日、自分が昔書いていたブログはないかな思ってダメ元で探したんだけどやっぱりなかった

ブログやツイッターは消さない方がよかったよなあ

自分のブログ探してるときに、知り合いのブログをみつけて少し読んだりしてた

あと友達とか 友達の友達 のブロを読んでて、色々思った
理想の友達とか将来?とか
共感するところが多かった



最近やりたいけど難しいと思ってるのはさ、理想の友達をどうやったら見つけられるのかがわからないことなの

ことなの


おれの好きな人間はまあ、自分の世界(趣味)もっててそれがブレナイ人、とかかなあ

自分の回りには結構苦手な人というか、嫌いまでいかないけど、形だけの友達、付き合わなきゃいけない先輩後輩とかが圧倒的に多くて、深い友達が少ない

だからそういう理想の友達がほしいんだけど、まわりは↑みたいな人たちばかりなのに、どうやって見つけるのだろう

↑みたいな人たちの中にいたとしても、どうやって見つけるのだろう


新しい環境になってからできた好きだと思える友達は2人くらい



あとは、身近(身近ではないけど)にいる人の中にも、たぶんそうなんだろうなっていう人はいて、その人たちとは仲良くなりたい

その人の好きなことをおれと一緒にやって、そのあとおれの好きなことを一緒にやる
たい

学校とか、アルバイトっていう枠があれば、そこから人を探すことは出来る(いない)けどこの先そういうのが減るから友達をつくるのが本当に難しくない?

学校はもうあきらめてるし、今のバイト先は人間が狂ってるし
ジモティーとかで探すのかな

はい?


今の友達に不満があるわけじゃなく、もう少し友達がいてもいいと思うし、もう少し友達がいたらもう少し良い生活ができると思う

趣味がたくさんある友達 じゃなく 趣味があるたくさんの友達 がほしい と言ったらいいのかな
たくさんでなくていいんだよ


学生時代から友達のやつってなんで仲良いんだっけ
学生時代から友達のやつってどうやって仲良くなったんだっけ


好きな人たちと好きな場所で好きなことしてくらしてーよな



いまこれを学校のベンチで書いていて、このあと授業をうけて終わったらバイト先の飲み会があります

この面持ちで

あの中に



文章力がないのと、途切れ途切れで書いてたのでめちゃくちゃだけど、最近文章力を上げる本を読み始めた
読んでても難しくてすぐ寝ちゃうんだけど





話変わるけど町を行く人々ってなんで全員怖いし全員嫌いだなと思っちゃうんだろう

特に同世代であろう人たちとか、学校にいる人って本当にそう感じちゃって怖い

東京というのがそうしてるの?

もう今日はこのまま書いてもまとまりがないからだめだな、やっぱり受動的に始めたことはうまくいかない、おわり






これはなんでしもう
f:id:a1bum:20170622162228j:plain

6/16

こんにちま

この日は一日何も予定がないのに朝起きたらなんにもしたくない日だった(たまにある)

雨が降ると言ってたけど外に出なかったらこのまま何もしないだろうと思ったから土手に行きたいなと思って、けど荒川じゃありきたりだし汚いから利根川に向かった

若干遠回りしつつも二時間くらいでついた、途中から風がとんでもなくなって、ちゃんとハンドル握ってないと倒されるなっていうくらいとんでもない風だった

土手に着いたら風が強すぎて強すぎた

蕎麦を食べようと思って買って行ったんだけど蕎麦が風に靡いてすごく食べづらかったよ

利根川の土手に立ったのは初めてだったから山は全然わからなかったけど、栃木の山が近かった

近くの渡良瀬遊水地にも行きたかったけど遠くで雷が光ったり風がとにかくとんでもなかったから、帰った

いつもそうだけど帰りは速い

今日は運転してても危ないシーンはなかったけど車を運転してる人は自分中心な人が多すぎると思った

もっと周り見ましょう



今日の良かったシーン
川で羽干しをするカワウ
田んぼの手入れをするおじさんが乗ってきた泥のついたカブ
田んぼにたくさんいる白鷺たち
利根川の土手から見える名前の知らない栃木の山
鳶が飛んでてその奥に入道雲
太陽が田んぼと間の用水路に反射しててキラ
雨と晴れの境目の地面


往復70kmくらいで四時間くらい

栃木ってそんなに遠くないんだなと感じました

昼出て夕方には帰って来て、家でゆっくりしてちょっと疲れてるのが丁度良かった


f:id:a1bum:20170617095749j:plain
f:id:a1bum:20170617095815j:plainf:id:a1bum:20170617095840j:plainf:id:a1bum:20170617095912j:plainf:id:a1bum:20170617095932j:plain



今やらなきゃいけないことを終わらせればやりたいことが全部出来るんだけど、うまく動けない

いつもそうだけど、やらなきゃいけないことをなあなあにして、やりたいことも思いきってできない

めちゃめちゃ不便な人間